朗読者、朗読作品募集中です

メールマガジン

朗読メールマガジン

ご愛読いつもありがとうございます。

第72号

朗読カフェマスターの喜多川拓郎です。
今日は、じぇじぇ ではなく チャーイヤイヤハァ~ です。

朗読カフェ初ライブ

おかげ様で好評を頂きました。
そして第2回ライブも 
12月6日に決定しました。

お楽しみに!

勉強会も継続しています。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆

停止はこちらまでお願いします。
http://mlmg.roudoku.me/

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆

朗読カフェサイトへのアクセスが増えています。

作品を送っていただいた方、しばらくお待ち下さい。

アクセントや読み違いなどがなければ、そのまま登録させていただきます。
(原則として他のサイトで公開していない作品)
ノイズが多い作品は掲載出来ない場合があります。
アクセントの間違いが多いので、作品を録音する前によくご確認下さい。
 レコーダー(マイク)に近過ぎると、ノイズや、マイク吹きが起きやすいので、
30センチ程度離して録音して下さい。

HPになるまでには、少し時間がかかります。
しばらくお待ち下さい。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆

1 朗読会などのお知らせ

2 チャーイヤイヤハァ~

3 今日のワンポイント

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆

朗読会のお知らせ

山田レイコさんの出演する舞台
語りの会 ぼてふり 
第九回公演
9月19日木
昼の部 14時半開演 夜の部 6時半開演
深川江戸資料館小劇場 
岡本かの子 「蔦の門」

神谷尚武 内藤和美 塚田圭一出演


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チャー イヤイヤ ハ~

じぇじぇで全国の関心が高まっている東北弁。
ドラマの舞台となったのは、岩手県久慈市ですが、その北隣、青森県の八戸であ
まちゃん同様ブレイクしている地元出身のタレントがいます。
「イサバのカッチャ」こと十日市秀悦さんです。
彼のコントに、地元の人ならではの面白いエピソードを紹介したのがあります。
 八戸では、どんな時でも使える便利な挨拶があると言うのです。
それが「チャー イヤイヤ ハ~」
 結婚式なら「いやぁ~この度は、おめでとうございます」お葬式なら「いやぁ~
ご愁傷様です」町で会ったときは、「いやぁ~久しぶり元気」等の意味合いで意
思疎通出来るんだそうです。
「チャー イヤイヤ ハ~」これなら口べたの人でも、困ることはありません。
むしろ、言い慣れない丁寧語をつっかえながら言うより、みんな幸せかもしれません。
そう言えば、家庭内でも 
「ねぇ」「おい」「あれ」「それ」「これ」「あの」「その」だけで充分に通じます。
我が家では夫婦の会話はいつもこんな感じです。
「ねぇ、あれ、どうした?」
「あれじゃわかんないわよ!」
「あれだよ、あれ」
「あぁ!あれね・・・」
「これでしょ、これ」
「それだよ、それ、それ・・」
 まさに以心伝心、長年連れ添った夫婦ならではの会話と言えるかもしれません。
しかし他の人が聴いたら訳が分かりません。
それこそ「チャー イヤイヤ ハ~」です。
ところが、地元の人同士や熟年夫婦ならまだしも、最近は子供達も、「小学校の
高学年、あるいは中学生になっても、単語でしか喋らない子どもが増えている。」
(平田オリザ)と言うのです。
 さらに、メールやラインといった、音声以外のコミュニケーションツールが生
活に浸透し、言葉をしゃべる必要性が少なくなっています。これはただ事ではあ
りません。
 しゃべらなければ、発声や調音に必要な筋肉は萎縮し廃用します。歩かないで
寝たきりの人の足がどんどん細くなるのと同じです。使わない筋肉は一日に3%
萎縮するそうです。
 発達途中の子供達は、発声器官も当然未成熟です。そのまま大人になったら大
変です。
 そんな生活をしている人がいきなり、面接、接客等、初対面の人と会話をす
る必要に迫られて困るのは当然です。
水遊びしかしたことのない人が、いきなり海で泳ぐようなものです。

 朗読音読は、会話の少なくなった人には最適です。面白いお話しを人に聴いて
もらう、そのために稽古をすれば、舌も動くようになりますし、目付きも変わっ
てきます。

朗読カフェライブ参加申し込みはこちらから
 http://roudoku.me/oubo.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のワンポイント。

人間の喉はスクランブル交差点。
動物と違って人間は、食べながら、呼吸することは出来ません。
空気の入り口は鼻と口、出口は気道、行き先は肺、
食べ物の入り口は 口 出口は食道 行き先は胃です。
息は、肺から、気道 声門 を通過し、鼻と口から出ていきます。
声は、肺から 気道 を通過した息が 声帯を振動させ、口から出る音です。
ややこしいでしょう!!
この信号の切り替えが間違うと、大変です。
舌の働きが重要です。舌が柔軟に動くようトレーニングしましょう。

http://goo.gl/VyX4A
-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--

朗読 カフェ  http://roudoku.me/

-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--
カフェマスター伝言板

これまで参考にさせていただいた本です。
http://goo.gl/VyX4A

宮沢賢治作品朗読してHPに掲載しました。

お時間のある時に聞いて下さい。

http://kitagawatakurou.net/roudoku/


2013年9月19日7時29分23秒 木曜日

▲ ページトップへ

最新号は73号です。

朗読カフェマスター
プロフィール

喜多川拓郎

ようこそ朗読カフェへ
 私はナレーター声優として仕事をしながら、十数年前からHPで宮沢賢治作品の朗読をしてきました。夢は全作品の音声化・・亀より遅いのでいつになるやら。
 以前、某出版社の国語教科書に掲載されている、文学作品の朗読CDにスタッフ・キャストとして参加しました。そのとき宮沢賢治作品の奥深い魅力に引き込まれたのが、きっかけです。ひとりで録音、編集をしているので、間に合いません。そこで朗読カフェをオープンして仲間を募ることにしました。
 幸いHPを運営する環境は飛躍的に改善されました。
 おいしいコーヒーを飲みながら、気軽に朗読を楽しめたら・・
是非 皆さんの参加をお待ちしております。

宮沢賢治作品の朗読へ
チャーミングボイス

喜多塾
山田レイコの世界