朗読者、朗読作品募集中です

メールマガジン

朗読メールマガジン

ご愛読いつもありがとうございます。

第20号


☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆


こんにちは、朗読カフェ、マスターの喜多川拓郎です。


朗読メルマガ、ご愛読ありがとうございます。


本当に寒くなりましたね!
身体が冷えるのが一番やっかいです!
冷やさないように気をつけて下さい。



朗読カフェへの参加お待ちしております。
是非仲間になって下さい。
費用はかかりません。
そのかわりお礼もでません。
参加資格は問いません。


☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆


1 朗読会などのお知らせ


2 若々しい声を保つ秘訣とは


3 今日のワンポイント 


☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆


朗読会や語りの会のお知らせ


人人人人人人人人人人人人人人人人人人人


津野まさいさん主催


語り


 「言の葉」第一章


2010年12月1日 (水)
 
 昼 夜 公演


銀座かくえホール


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


声の変化のカギは 「筋力」が握る。
 
人は誰でも歳をとります。そして歳をとると、体だけでなく、声も衰えてくるのです。これは、
歳をとると足腰が弱くなり視力が衰えるのと同じで、筋力が弱くなるからです。この自然の摂
理に逆らって、アニメ声優のように、いつまでも若い声を保つためには、一体どうすれば良い
のでしょうか。 皆さんは、ちょっとした検査のために入院したお年寄りが、どこも異常がな
いという検査結果が出て退院しようとしたら、足腰が弱ってしまい、一人では歩けなくなって
いた・・なんて話を聞いたことはないでしょうか。 筋肉はじっとしているのが苦手で、使わ
なければたちまち弱くなってしまいます。これは足腰だけでなく、発声のための筋肉も同じこ
となのです。


 人が声を出すときは、声帯を動かす輪状甲状筋や技裂筋、咽頭喉頭筋群、さらには表情筋や
腹筋など、様々な筋肉を使います。ですから、おしゃべりやカラオケが好きで、絶えず喉の筋
肉を使っているという人はともかく、会話の機会が少ないという人などは、年齢は若くても筋
力が衰え、声も老けてしまいます。近年は住宅事情の影響もあって、大きな声を出す機会が少
なくなっています。ぼそぼそ喋る若い人が増えているのには、こうした要因もあるのではない
でしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


若々しい声を 無理せず保つには?


 では、こうした発声に関する筋肉の衰えを防ぐにはどうしたらよいでしょうか。一番良いの
は山の頂上に登って、「ヤッホー」とこだまするように思いきり声を出すことです。でも、毎
日登山するわけにもいきませんね。そこで今回は、日常生活の中で、声の若さを維持する簡単
な方法をご紹介します。
 まずは「ハミング」、鼻歌です。私たちも喉のウォーミングアップにハミングしています。
鼻歌なら「ヤッホー」と違ってご近所の迷惑にもなりませんし、気持ちも明るくなります。 
ハミングをするときは、音は小さくても構いませんから、できれば裏声でやって下さい。しば
らくすると喉が潤ってくるのが実感できると思います。 声楽家で発声研究家でもある弓場徹
先生によると、裏声を出すと、音程を調節する筋肉が強化されるということですから、裏声で
歌うのは一石二鳥かもしれません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 もうひとつのトレーニングは、「奥歯で物をよく噛む」ことです。食生活が変わったせいで、
顎の筋肉が弱くなつている人が増えていると言いますが、顎の筋肉が弱くなると、喉も開かな
くなってしまうのです。喉が開きにくい状態で喋るのは、ピストルにサイレンサー(消音機)
を付けているようなものですから、言葉が聞き取りにくくなってしまいます。1日3食、「しっ
かり噛む」ことも心がけてみましょう。 このようなトレーニングを続けていれば、肉体や声
はある程度維持することが可能です。でも、本当に肝心なのは「心」だと私は思っています。
 女優の森光子さんは、主演の舞台「放浪記」を40年以上続けましたが、90才近い最近まで、
ヒンズースクワットを毎日150回やっていたそうです。声優に限らず、何事も、長く続ける
裏には大変な努力があるものです。いつまでも「自分を磨く」という心を持ち続ける。これこ
そが、若い声を保つ本当の秘訣だと思います。


-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-


宮沢賢治作品朗読してHPに掲載しました。


お時間のある時に聞いて下さい。


最新録音
「狼の森と笊森、盗人森」
http://kitagawatakurou.net/roudoku/hahato/oinomori.html


「なめとこ山のくま」再録音
http://kitagawatakurou.net/roudoku/simizimi/name.html
「とっこべとら子」
http://kitagawatakurou.net/roudoku/omosiro/tokkobe.html
「紫紺染めについて」
http://kitagawatakurou.net/roudoku/omosiro/sikon.html
「山男の4月」
http://kitagawatakurou.net/roudoku/yume/yamaotko.html





-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--


      朗読 カフェ  http://roudoku.me/


-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--

ページトップへ

最新号は73号です。

朗読カフェマスター
プロフィール

喜多川拓郎

ようこそ朗読カフェへ
 私はナレーター声優として仕事をしながら、十数年前からHPで宮沢賢治作品の朗読をしてきました。夢は全作品の音声化・・亀より遅いのでいつになるやら。
 以前、某出版社の国語教科書に掲載されている、文学作品の朗読CDにスタッフ・キャストとして参加しました。そのとき宮沢賢治作品の奥深い魅力に引き込まれたのが、きっかけです。ひとりで録音、編集をしているので、間に合いません。そこで朗読カフェをオープンして仲間を募ることにしました。
 幸いHPを運営する環境は飛躍的に改善されました。
 おいしいコーヒーを飲みながら、気軽に朗読を楽しめたら・・
是非 皆さんの参加をお待ちしております。

宮沢賢治作品の朗読へ
チャーミングボイス

喜多塾
山田レイコの世界