朗読者、朗読作品募集中です

メールマガジン

朗読メールマガジン

2010/08/06発行

第6号

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆


こんにちは、朗読カフェ、マスターの喜多川拓郎です。

朗読メルマガ、ご愛読ありがとうございます。


朗読カフェ一般参加のトップバッターは瀬戸君です。

芥川龍之介の作品「蜜柑」に挑戦しました。
アクセント修正して、再アップしました。
聞いて下さい。


☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆

1 朗読会などのお知らせ

2 声を出しやすい姿勢

3 今日のワンポイント 

  滑舌体操~

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆



━━━━━━━━━━━━━━━━━━

独歩プロデュース

さよなら公演のご案内

『父と暮せば』(作・井上ひさし)

演 出  麦人 伊藤勝昭

詳細 麦人さんのHP  公演案内

《出演》

美津江   安藤 みどり(俳優座)

竹 造    麦 人(独 歩)

《公演日程》

8月4日~8月9日 (開場は開演30分前)

《公演場所》劇場MOMO

《住所》 東京都中野区中野3-22-8

http://www.beagle.co.jp/mugihito/kouen/2010/kuraseba/index.html

人人人人人人人人人人人人人人

朗読会のお知らせ

朗読カフェのメンバー山田レイコさんが、

語りの会「ぼてふり」に出演します。

日  程:平成22年9月10日(金)

    昼の部:午後2時30分開演(2時開場)

    夜の部:午後6時30分開演(6時開場)

    場  所:深川江戸資料館・小劇場

詳細は

http://yamada.t-vpro.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

声を出しやすい姿勢

正しい姿勢?って

 ダンスなどの場合、姿勢は美しくなければなりません。何と言っても、見た目が重要です。観客は、鍛えられた肉体が、美しく躍動する姿に感動するのです。猫背のバレリーナなんていただけませんよね。
 でも鍛えていない私達が、見た目に、美しい姿勢をするには、相当無理をしなければなりません。
 あちこちたるんだ部分を引っ込めたり、伸ばしたり、これでは、あっという間に、身体が悲鳴を上げてしまいます。こんな状態で声を出そうとしても、聞きやすい声は出ません。ギター演奏で、ボディーの部分をぎゅっと締めて持っていたら、いい音が出ないのと一緒です。
 朗読会などでも、がちがちに身体を固めている人を良く見かけます。身体の緊張は客席にも伝播して、聞いている方がどきどきしてしまいます。 
 お客さんは感動するどころか、肩こりを起こしかねません。

 実は私は、背が高く、子供の頃から、猫背、猫背、姿勢が悪いと、耳にたこができるくらい言われて、直さなければと常に思っていました。背筋矯正ベルトを使ったり、枕を背中に当てて、寝ていた時期もあります。
 それがある時から、全く気にならなくなったのです。
 背中が曲がっているのには理由があったのです。原因となる歪みが、背中に現れていただけで、それを直さなければ、背筋は伸びないとわかったのです。
 しっかり座骨で座れず、仙骨を後傾させて、背もたれに頼って座る癖があったのも原因の一つです。
 まず今の椅子を代えてみました。マウスもトラックボールに代え、モニターの位置も調整しました。これだけで随分楽になりました。50肩もすっかりよくなりました。
 矯正ベルトで無理矢理背中だけを伸ばしても、苦しいだけで、外すと元に戻りますし、苦しいことは長続きしません。

-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-

 環境を変えるのも一つですが、尾てい骨、(尻尾)の向きを変える意識を持つ事で、比較的簡単に修正できます。
 尻尾の向きを後ろに向ける、あるいは、足の間に畳むようにする。これだけで、姿勢は全く変わります。
 鏡を見ながら自分の一番楽なポジションを探して下さい。バランスが良くなります。

 声も出しやすくなりますので、皆さんも、是非試してみて下さい。

-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-

次回は、お腹について。腹から声ってどう出すの

-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-

ワンポイント情報


滑舌、体操をしましょう。

 先週は声を出さずに舌の左右前後体操をしましたが、今週は 声を出す舌の体操です。
やはり、歯を軽く合わせてやります。
そうしないと、下あごも一緒に動いてしまい、舌の体操になりません。なので、軽く歯を合わせて下さい。
まず、「い」と「あ」を繰り返してイアイアイアイア
イの時に舌が上に一番前に出て、アの時に奥に下に奥になります。舌を喉の下、奥から 上の前方に動かします。次に上下運動です。
「あ」と「う」の繰り返しで、アウアウアウアウア
奥の舌が上下するように発音してみて下さい。
もちろん、会話するときや、朗読するときには、顎や唇を自然に動かして下さいね。


-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-


-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--




      朗読 カフェ  http://roudoku.me/




-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--

ページトップへ

最新号は73号です。

朗読カフェマスター
プロフィール

喜多川拓郎

ようこそ朗読カフェへ
 私はナレーター声優として仕事をしながら、十数年前からHPで宮沢賢治作品の朗読をしてきました。夢は全作品の音声化・・亀より遅いのでいつになるやら。
 以前、某出版社の国語教科書に掲載されている、文学作品の朗読CDにスタッフ・キャストとして参加しました。そのとき宮沢賢治作品の奥深い魅力に引き込まれたのが、きっかけです。ひとりで録音、編集をしているので、間に合いません。そこで朗読カフェをオープンして仲間を募ることにしました。
 幸いHPを運営する環境は飛躍的に改善されました。
 おいしいコーヒーを飲みながら、気軽に朗読を楽しめたら・・
是非 皆さんの参加をお待ちしております。

宮沢賢治作品の朗読へ
チャーミングボイス

喜多塾
山田レイコの世界